大会概要|オーシャンカップ
Outline about SFIDA F.LEAGUE OCEAN CUP KOBE FESTA 2015 supported by LIFEGUARD

大会名称 SFIDA Fリーグオーシャンカップ・神戸フェスタ2015 supported by LIFEGUARD
〜阪神・淡路大震災復興20年事業〜
主催 公益財団法人日本サッカー協会、一般財団法人日本フットサル連盟、一般社団法人兵庫県サッカー協会、特定非営利活動法人兵庫県フットサル連盟
主管 日本フットサルリーグ、兵庫県フットサルリーグ
後援 神戸市、神戸市教育委員会、公益財団法人神戸市スポーツ教育協会
タイトルスポンサー SFIDA、LIFEGUARD
エグゼクティブパートナー スーパースポーツゼビオ/ヴィクトリア
協賛 丸大産業株式会社
開催日時 2015年7月15日(水) 〜 7月20日(月・祝)
会場 兵庫 / グリーンアリーナ神戸(〒654-0163 兵庫県神戸市須磨区緑台)
兵庫 / 神戸市立中央体育館(〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町4丁目1−1)
出場チーム
■ Fリーグチーム
エスポラーダ北海道
ヴォスクオーレ仙台
バルドラール浦安
フウガドールすみだ
府中アスレティックFC
ペスカドーラ町田
湘南ベルマーレ
アグレミーナ浜松
名古屋オーシャンズ
シュライカー大阪
デウソン神戸
バサジィ大分
 
■ FUTSAL地域チャンピオンズリーグ上位2チーム
SWH Futsal Club(関西リーグ所属・兵庫県)
ミキハウスフットサルクラブ(関西リーグ所属・大阪府)
 
■ 海外招聘チーム
Seleccin Catalana/カタルーニャ州選抜(スペイン)
JEONJU MAG/チョンジュ・メグ(韓国)
Seleo Mato Grosso do sul/マット・グロッソ・ド・スル州選抜(ブラジル)
FK Nikars Riga/FK ニカラス・リガ(ラトビア)
 
(合計 18チーム)
大会方式 ・本大会に出場する18チームを6つのグループに分け、グループ内で1回戦総当りの1次ラウンドを行う。
・1次ラウンドの各グループ1位の6チームにグループA、B、Cの2位チームのうち上位1チームとグループD、E、Fの2位チームのうち上位1チームを加えた計8チームが決勝ラウンドに進出する。
・決勝ラウンドは、1回戦ノックアウト方式で行う。
試合方式 ・40分間(前後半各20分プレーイングタイム)
・ハーフタイムは15分間(前半終了のブザーから、後半開始のホイッスルまでの時間)
勝敗の決定 競技時間内で勝敗が決しない場合
■ 1次ラウンド
引き分け
■ 決勝ラウンド
40分間が終了した時点で勝敗が決しない場合、PK方式にて勝者を決定。準決勝および決勝戦のみ、10分間(前後半各5分間)の延長戦を行い、それでも決しない場合、PK方式にて勝者を決定する。
順位の決定 1次ラウンドでは、合計勝点の多いチームを上位とし、順位を決定する。
勝点は、勝ち3、引き分け1、負け0とする。
ただし合計勝点が同じ場合は、次の各号の順序により順位を決定する。
(1)当該チーム間の対戦成績、(2)得失点差、(3)総得点数、(4)抽選

1次ラウンドグループA、B、C及びグループD、E、Fの2位チームのうち、それぞれ決勝ラウンドに進出する1チームは次の各号の順序により決定する。
(1)勝点、(2)得失点差、(3)総得点数、(4)抽選
出場停止処分 ・本大会期間中、異なる試合で警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。
・準々決勝終了後に累積警告が1回の場合、その警告は準決勝に持ち越さない。
・本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できない。その後の措置は大会規律・フェアプレー委員会で、決定する。