今シーズンのFリーグは激戦、激闘!!! | ゼビオFリーグ公式サイト

ニュース
News

今シーズンのFリーグは激戦、激闘!!!

6月27日(金)に開幕した「Fリーグ2014/2015 powered by inゼリー」は、激しい試合が繰り広げられ、先が読めない展開となってきた。

絶対王者の名古屋オーシャンズは、森岡薫選手、ラファエルサカイ選手、吉川智貴選手を中心に高い得点力を持ちあわせているが、第3節のペスカドーラ町田とのアウェイ戦では6失点を喫するなど、ここまでの戦いを見ると守備面の不安を露呈している。

 

昨シーズン、最後まで名古屋オーシャンズに勝負を挑み続けた大分。プレーオフ・ファイナル2戦目で敗れ、惜しくも2位に終わったが、今シーズンはここまで首位を走っている。日本代表の小曽戸允哉選手、仁部屋和弘選手のみならず、全体にレベルアップしており、チーム全体で「タイトルを取る!!」という雰囲気が漂っている。

 

開幕戦・代々木セントラルでフウガドールすみだ、エスポラーダ北海道を破り、ホーム開幕戦でもアグレミーナ浜松に勝利し開幕3連勝を飾っていたバルドラール浦安は、好スタートを切ったことで現在3位と上位に位置している。
日本代表でもキャプテンを務める星翔太選手の成長ぶりもチームに良い効果をもたらしている。

 

エスポラーダ北海道は、第6節でシュライカー大阪に勝利し、第6節を終えて4位と好位置をキープ。若手の阿部恭也選手、十川祐樹選手らとベテラン選手の融合が非常にチームへ良い効果をもたらしている。

 

昨シーズン、プレーオフ進出を最終節で逃したペスカドーラ町田は、その経験を糧として、今シーズンはカップ戦から選手全員の意識が高く、非常に好調を維持。名古屋オーシャンズに初勝利を挙げるなど、上位をうかがえる位置にいる。

 

心配なのは、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、アグラミーナ浜松の3クラブ。第6節を終えて浜松が1勝、府中と湘南は未勝利であり、さらに失点の多さも気になる所である。攻撃陣にはタレント要しているが、守備が崩壊してしまうと勝利の女神は微笑んでくれないのが、今シーズンのFリーグ。しかしながら、この3クラブはこのままでは終われない!!!意地を見せられるか!!!

 

新規参入クラブのヴォスクオーレ仙台とフウガドールすみだは、思うように試合を進められていないのが現状だ。昨年まで所属した地域リーグや、一発勝負のカップ戦とは違い、Fリーグでの闘いはやはり簡単なものでは無い。Fリーグ先輩クラブから引き離されないよう、食らいついていけるのか。これからの、夏場の熱い季節をどう乗り越えていくかが、大きな鍵になる。

 

「2016 FIFAフットサルワールドカップ」に出場し、世界に挑む!という気持ちで、Fリーグ全選手が試合に臨み、その結果、激闘が続いている。この厳しい闘いを制して、プレーオフに進出し、頂点に立つのは果たしてどのクラブなのか! とても楽しみである。

8月16日(土)・17日(日)に行われる、第9節 駒沢セントラルがリーグ前半戦の大きな山場となることは間違いない。Fリーグの激戦、激闘を観に、サポーターは駒沢へ集結し選手を盛り上げよう!!!!!

 

第9節 駒沢セントラルチケット情報