【全日本フットサル選手権】決勝進出はフウガドールすみだとシュライカー大阪! | Fリーグ公式サイト

Next

Prev

ニュース
News

【全日本フットサル選手権】決勝進出はフウガドールすみだとシュライカー大阪!

3月19日(日)、国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で第22回全日本フットサル選手権大会準決勝の2試合が行われました。準々決勝でバサジィ大分に逆転勝利を収めた府中アスレティックFCは、ペスカドーラ町田との“東京ダービー”を制したフウガドールすみだと、バルドラール浦安との1点差の試合を制したデウソン神戸は、湘南ベルマーレに完勝したシュライカー大阪と、それぞれ激戦を繰り広げました。

 

府中アスレティックFC 2-3(前半1-1)フウガドールすみだ

準決勝第1試合、府中は前日のGK、田中俊則選手をクロモト選手に変え、すみだは急遽メンバー外となった太見寿人選手に変わり清水和也選手がスターティングメンバーに入り、序盤を戦います。府中の柴田祐輔選手が左足で放ったシュートはすみだの宮崎曉選手がブロック、すみだの清水和也選手がゴール正面から放ったシュートは府中のGKクロモト選手が弾くなど、両者譲らぬ激しい攻防を見せたこの試合。まずは7分、自陣でのこぼれ球を拾った西谷良介選手が自らドリブルで持ち込みゴールを決め、すみだが先制に成功します。1点を追う府中は9分、皆本晃選手が自陣左サイドで相手FPをかわし、ミドルシュートを決めて同点に追いつき、試合は振り出しに戻ります。その後も両者チャンスを作りますが追加点を挙げることができずに1-1で前半を終えます。

どちらも次の1点を狙う後半、稲葉洸太郎選手のFKから清水和也選手のシュートはGKクロモト選手がセーブ、西谷選手のヒールシュートはポストに当たるなど決めきることができないすみだでしたが、30分、ゴール前での混戦から西谷選手がこの試合2点目となるゴールを決めると、直後には清水選手がカウンターから押し込み追加点。2点を追う展開となった府中も負けじと、柴田選手がパスカットからゴール前までドリブルで持ち上がり左の皆本選手へ。これを皆本選手が押し込み、1点差に迫ります。残り3分を残し宮田義人選手をGKにパワープレーを開始した府中でしたが、追撃及ばすタイムアップ。リードを守ったすみだが決勝へ進出、敗れた府中は3位決定戦を戦うことが決まりました。

 

デウソン神戸 2-6(前半1-4)シュライカー大阪

“関西ダービー”となった第2試合は、開始2分で動きを見せます。自陣でキックインを得た大阪は、アルトゥール選手がファーの小曽戸選手にパスを送り、折り返したボールをチアゴ選手が詰めて先制。9分にはまたもセットプレーから小曽戸選手が追加点を挙げ、2点のリードを奪います。11分には神戸の原田浩平選手が奪ったボールを前線の岡崎チアゴ選手へパス。これを受けた岡崎選手がマークを振り切りシュートを放ち、1点差へと迫ります。勢いを得た神戸は、大阪ゴールに迫りますが、決めきることができません。流れを取り戻した大阪は、11分にアルトゥール選手が2得点を追加。さらに神戸の6つ目のファウルで第2PKを得ますが、これは代わって入った神戸GK小石峯成彦選手がセーブ。4-1と大阪がリードし、前半を折り返します。

迎えた後半、3点を追う神戸は追加点を狙うべく、積極的にゴールを狙います。しかし、GK柿原聡一朗選手の好セーブもあり、なかなか決めきることができません。5点目を奪われた神戸は、直後に鈴村拓也選手をGKに置きパワープレーを開始。しかし、チアゴ選手にパワープレー返しを決められ、その差は5点に。33分、パワープレーを止めた神戸は、稲田瑞穂選手が相手をかわしてゴールを決め1点を返しますが、その後も追加点を奪うことができずにタイムアップ。大阪は先に決勝進出を決めたすみだと、神戸は3位決定戦で府中と対戦することが決まりました。

 

第22回全日本フットサル選手権大会
3/20(月・祝) 国立代々木競技場第一体育館
3位決定戦 12:00 府中アスレティックFC vs. デウソン神戸
決勝 15:00 フウガドールすみだ vs. シュライカー大阪

詳しくは日本サッカー協会公式サイト