【Fリーグオーシャンカップ】湘南が10発快勝、Fリーグ6チームが準々決勝へ | Fリーグ公式サイト

Next

Prev

Next

Prev

ニュース
News

【Fリーグオーシャンカップ】湘南が10発快勝、Fリーグ6チームが準々決勝へ

本日、北海きたえーる(北海道札幌市)にて「sfidaFリーグオーシャンカップ2017 in 北海きたえーる supported by LIFEGUARD」1回戦の6試合が行われ、勝利した6チームが明日の準々決勝へと駒を進めました。

ペスカドーラ町田ペスカドーラ町田 4-1 アグレミーナ浜松アグレミーナ浜松

 
mcd-hmm02 mcd-hmm
 
1回戦の第1試合では、町田と浜松が対戦しました。まず試合を動かしたのは浜松。今季新加入の岡野健選手のゴールで先制に成功します。しかし10分、町田が今季キャプテンを務める森岡薫選手のゴールで同点に追いつくと、さらに追加点を挙げ1点リードで前半を折り返します。23分には室田祐希選手が滑り込むようなゴールを決め、37分には森谷優太選手が追加点。リードを広げた町田はGKを小野寺優介選手に変え、3点差のまま試合終了。準々決勝へと駒を進めました。
 

フウガドールすみだフウガドールすみだ 1-3 バルドラール浦安浦安

 
smd-ury01 smd-ury
 
第1試合Bピッチでは、すみだと浦安の関東勢が対戦しました。まず試合を動かしたのはすみだ。岡山和馬選手のキックインをファーサイドで受けた大薗諒選手が折り返し、岡山選手がグラウンダーのシュートをゴール右隅に決めます。しかし、16分、浦安は野村啓介選手のゴールで同点とすると、前半終了間際に今季新加入の三浦慎太郎選手がゴールし、逆転に成功。後半にも失点し、2点を追うすみだは諸江剣語選手をGKに置きパワープレーを仕掛けますが、追加点を挙げることができずにタイムアップ。浦安が明日の準々決勝に駒を進めました。
 

府中アスレティックFC府中アスレティックFC 3-0 バサジィ大分大分

 
fch-oit02 fch-oit01
 
1回戦第2試合では前回大会(2015年)チャンピオンの府中が、大分と対戦しました。均衡を破ったのは府中。10分、キャプテンの皆本晃選手がゴールを決め先制。1点を追う大分は14分、前に出たGKクロモト選手をかわし、田村龍太郎選手がシュートを放ちますが、これは完山徹一選手がクリア。勢いを取り戻した17分に岡山洋介選手が得点、つづく19分にはオウンゴールで追加点を挙げ、前半だけで3点をリードします。前後半でシュート数31本の府中に対し、大分は16本。少ないチャンスを物にしたい大分でしたが、反撃及ばず無得点で試合終了。府中が準々決勝進出を決めました。
 

名古屋名古屋オーシャンズ 4-0 デウソン神戸デウソン神戸

 
ngy-kbe01 ngy-kbe
 
第2試合Bピッチでは、名古屋と神戸が対戦。前半は、拮抗した展開となりました。試合を動かしたのは名古屋。8分、橋本優也選手が先制に成功します。前半だけで実に31本のシュートを放った名古屋でしたが、得点はこの1点のみ。そのリードを守ったまま、後半を迎えます。30分、酒井ラファエル良男選手が鋭いシュートを決め、リードを広げると、神戸はキャプテンの稲田瑞穂選手をGKに置き、パワープレーを開始。しかし、オウンゴールで失点すると、36分にはパワープレー返しで失点し、4点を追う展開となります。その後もパワープレーを続けた神戸でしたが、得点を挙げることができずにタイムアップ。名古屋が準々決勝に駒を進めました。
 

湘南湘南ベルマーレ 10-0 柏トーア’82logo_kashiwa

 shn-ksw01 shn-ksw02
 
第3試合Aピッチでは、湘南の得点力が爆発しました。試合開始わずか15秒で、今年サッカーからフットサルに転向した小門勇太選手が先制点を挙げると、その後も終始ペースを握り攻勢を強めます。8分、16分とロドリゴ選手が連続得点、18分には小門選手がこの日2点目となる得点を挙げ、4点をリードし前半を折り返します。湘南はGKをフィウーザ選手から上原拓也選手に、柏は北野圭一選手から半田淳一選手にそれぞれ交代し、臨んだ後半。湘南は攻撃を緩めることなく柏ゴールに迫り、さらに5点を追加。39分には小門選手がダメ押しの10点目を挙げハットトリックを達成。柏のシュート数8に対し、5倍以上の43本のシュートを放った湘南が快勝し、準々決勝進出を決めました。
 

ヴォスクオーレ仙台ヴォスクオーレ仙台 2-1 名古屋オーシャンズサテライト名古屋

 
snd-ngys02 snd-ngys01
 
Bピッチでは仙台と名古屋サテライトが対戦。固い試合運びとなったこの試合、前半終了間際までスコアレスのまま試合が展開しました。待望の先制点を挙げたのは仙台。20分、堀内廸弥選手が強烈なシュートを決め、前半を折り返します。後半も拮抗した展開が続きますが、25分、名古屋サテライトが磯村直樹選手のゴールで同点に追いつき試合は振り出しに。刻々と時間が過ぎ、今大会はじめてのPK方式に勝敗が委ねられるかと思われた39分、仙台が堀内選手のこの日2点目となるゴールで再度1点をリードします。名古屋サテライトは水谷颯真選手をGKに置きパワープレーを開始しますが、追加点を挙げることができずにタイムアップ。Fリーグ所属の意地を見せた仙台が辛勝し、準々決勝進出を決めました。
 
日程・組合せ⇒ http://www.fleague.jp/leaguecup/

20日(土)・21日(日)チケット情報⇒ http://www.fleague.jp/leaguecup/ticket/

準決勝/3位決定戦/決勝4試合をAbemaTVでライブ配信⇒ http://www.fleague.jp/news/?p=30816