【選手コメント】第2回横浜文化体育館ジュニアフットサル大会2015 エキシビションマッチ

昨日、公益財団法人 横浜市体育協会、株式会社クリエイティブ ヘッズ主催の「第2回横浜文化体育館ジュニアフットサル大会2015」エキシビジョンマッチにFリーグ所属選手6名が出場いたしました。

少年フットサル大会に参加した全20チームからそれぞれ数名がエキシビジョンマッチに出場し、Fリーグチームと1試合3分の試合で対戦。チームメートへの声援のほか、Fリーガーのループシュートやオーバーヘッドキックなどのテクニックにも歓声が上がり、会場は熱気に包まれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エキシビジョンマッチ終了後には、ロビーで子ども達の送り出しを行いました。サインや写真に行列ができ、「今度は試合を観てみたい!」「小田原のセントラルに絶対に行く!」とフットサルの魅力が伝わった様子に、選手たちも笑顔で会話を楽しんでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

選手コメント

フウガドールすみだ・清水 和也選手
「年の近い子ども達と試合ができて、純粋に楽しかったです。これをきっかけに小田原のセントラルや他の試合など、会場にも是非来てほしいです」

府中アスレティックFC・永島 俊選手
「普段サッカーをプレーしていると聞いていたので、子ども達がフットサルもうまくて驚きました。ボールを持っていると臆せずディフェンスをしに向かってきてくれたので、自分たちも楽しめました」

湘南ベルマーレ・安藤 良平選手
「これからセントラルが開催される小田原や町田は横浜からも近いので、こういったイベントをきっかけにFリーグを知ってもらい、観戦にも来てほしいと思います」

湘南ベルマーレ・小野 大輔選手
「とても元気のいい子ども達で、エキシビジョンマッチに出ている時だけでなく応援にも大きな声を上げていたのが印象的でした。これをきっかけに、フットサルを練習にも取り入れてほしいと思います」